スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30代から若い女性まで薄毛や抜け毛の悩みが!サイトトップ >パーマ液の成分 >>パーマ液の成分が、薄毛や抜け毛の原因に?

パーマ液の成分が、薄毛や抜け毛の原因に?

パーマ液の成分が、薄毛や抜け毛の原因に?

パーマ液の成分の髪の毛へのダメージはどれほどなのでしょうか?
時代とともにパーマの技術と成分は進歩してきましたが、パーマ液が
まだ髪へダメージ(薄毛や抜け毛)を与えることに間違いはありません。


一般的なパーマは、2種類の薬品を使って髪の毛にウェーブをつけます。
第1液はチオグリコール酸アンモニウムを主成分としたアルカリ剤で、
毛髪のタンパク質のアミノ酸成分を結び付けている鎖を切る役目をします。


そして、第2液の臭素酸カリウムという酸化液によって
ふたたびその鎖を結び付けるのです。


つまり、第1液をつけて鎖を切っている間にロッドを巻くなどして
髪にクセをつけ、その状態のまま第2液をつけて鎖をつなげるのが
いわゆるコールドパーマで、タンパク質の酸化還元作用を利用した
科学的な方法です。




パーマ液は当然ながら髪につけるのですが、どうしてもパーマ液の
成分が頭皮に浸透してしまいます。


酸性やアルカリ性の強い物質が皮膚について、何も影響がないとは
言い切れませんし、薄毛や抜け毛を気にされている方にとっては
避けた方がよいのは間違いありません。


最近は、コールドパーマのほかに、酸性パーマ液やО₂パーマ液、
システィンパーマ液などがあるようです。


薄毛や抜け毛で悩んででいる方は原因になる可能性のある
コールドパーマなどは、避けた方が賢明かもしれません。







theme : 幸せに生きる
genre : 心と身体

話題の商品案内!

頭皮環境に悩む女性の声から生まれた自然派シャンプー

自然派シャンプー『花しゃん』

ブログランキング参加中

検索フォーム

QRコード

QR
FXスワップポイント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。