スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30代から若い女性まで薄毛や抜け毛の悩みが!サイトトップ >合成シャンプーの危険性 >>抜け毛の原因に、合成シャンプーの危険性は?

抜け毛の原因に、合成シャンプーの危険性は?

抜け毛の原因に、合成シャンプーの危険性は?

合成シャンプーとは、一般に店頭で売られているシャンプー、リンスの9割は
合成界面活性剤を使用した「合成シャンプー」「合成リンス」なのです。


それが抜け毛や薄毛の原因になっているようですが、
何故なのでしょうか?


合成シャンプー、リンスの正体は台所用洗剤と同じ合成界面活性剤です。
界面活性剤とは、本来混ざらない油と水とは混ぜて水だけでは落ちない油汚れを落とす役割をします。
頭皮の汚れも油です、その油を洗い流す為のシャンプーには界面活性剤が必要なのです。


人間の皮膚は、細胞と細胞が隙間なく並んだうえを、皮脂膜という保護膜が覆っています。
そこに強力な脱脂力を持つ合成界面活性剤が投入されると、この保護膜が破壊され、
細胞内部に合成界面活性剤が浸透していきます。




皮膚から取り込んだ合成界面活性剤が内臓に障害を引き起こすこととなると、
その最前線の皮膚である地肌や髪が悪影響を受けることは疑いようがないのです。


市販の合成シャンプーはこのように薄毛に悩むひとにとって
注意しなければいけない成分が入っているのです。


もしあなたが薄毛に悩んでいて、まだこれらの市販の安価で粗悪なシャンプーを使っているなら、
すぐに頭皮のことを考えて作られたシャンプーに替えることをオススメします。


例えば、多少高価でも健康を考え安全性の高いシャンプー、リンスを選びたいものです。
その為には「天然界面活性剤」を使用し「指定成分」を極力使用していない
信頼できるメーカーの製品を選ぶのが良いでしょう。









theme : 悩み解決とくとく情報
genre : 心と身体

話題の商品案内!

頭皮環境に悩む女性の声から生まれた自然派シャンプー

自然派シャンプー『花しゃん』

ブログランキング参加中

検索フォーム

QRコード

QR
FXスワップポイント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。