スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30代から若い女性まで薄毛や抜け毛の悩みが!サイトトップ >白髪染め >>白髪染めとヘアカラーの違いは?

白髪染めとヘアカラーの違いは?

白髪染めとヘアカラーの違いは?

白髪染め、白髪ぼかし、ヘアカラーなどいろいろなものは
販売されていますが、実際にその違いは何なのでしょうか?


単純に白髪染めとヘアカラーの違いをみてみると、
一般的にヘアカラーと呼ばれるものは黒髪がうまく染まるように作られており、
白髪染めは白髪を染めるのに特化した作りになっているのが特徴です。


そのため、染毛成分の量や配合具合による差が生まれますが、
基本的な仕組みはどちらも一緒です。


白髪が染まる方法は、白髪染めをはじめ、世に出回るヘアカラーのほとんどは
1剤 (酸化染料、アルカリ剤) と2剤 (酸化剤) のふたつを混ぜて使います。




1剤の成分である酸化染料は、酸化剤の働きによって発色し、髪を染めます。
また、酸化剤は1剤のアルカリ剤によって髪を明るくすることもできるのです。


1剤には主にジアミン系の色素中間体が、2剤には過酸化水素が含まれています。
これらを混ぜ合わせると、2剤の酸素の働きにより、1剤の成分が酸化し、
独特の黒褐色、赤色、黄色などの色に発色します。


これを毛髪に塗布すると、まず1剤に含まれたアルカリ剤がキューティクルを開き、染料を髪の内部に送り込みます。
この際、アルカリ剤は髪の本来の色であるメラニン色素を分解し、脱色させる作用を起こしています。


染料は髪の内部に浸透すると、お互いに結合し、大きな粒子となって水に溶けない物質に変わります。
これにより、洗っても落ちない永久染毛となります。









theme : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
genre : 心と身体

FXスワップポイント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。