30代から若い女性まで薄毛や抜け毛の悩みが!サイトトップ >白髪染め >>白髪染めの種類は、何種類あるの?

白髪染めの種類は、何種類あるの?

白髪染めの種類は、何種類あるの?

白髪染めにも、数多くの種類がありますが、いったい何種類くらい
あるのでしょうか?


調べてみると、大きく分けると、4種類にわけることができ、
ヘアカラータイプ・ヘアマニキュアタイプ・カラースプレータイプ
シャンプータイプに分ける事ができるようです。


ヘアカラータイプは、髪に定着しているメラニン色素を分解し、
染料を髪の内部に浸透させる方法であり、黒髪でも白髪でも一度色素を分解して
染めるという方法は変わらないので、安定した仕上がりを期待することができ、
さらに効果も一番長持ちします。


次に、ヘアマニキュアタイプですが、ヘアカラーとは異なり、
染料を髪の表面だけに定着させる方法です。


髪本来のメラニン色素の分解は行わず、髪の表面にあるタンパク質を
染め上げることによって色をつけます。




分解・脱色を行わない分、ヘアカラーより頭皮や髪に与えるダメージが少なく、
ヘアマニキュアの名の通り、髪の表面をコーティングするので、
ツルツルの仕上がりになります。


カラースプレータイプは、髪の毛に直接塗布し、色を塗りつける方法です。
カラースプレーはあくまで色をつけるだけなので、シャンプーによって簡単に落ちます。


最後にシャンプータイプですが、毎日シャンプーするだけで自然に白髪が染まるという方法です。
あらたまって染毛する必要がないことや、毎日のシャンプーで染めていくため、
新しく伸びた部分も浮くことなく染めていけるという点がメリットです。








theme : 元気になるヒント
genre : 心と身体

話題の商品案内!

頭皮環境に悩む女性の声から生まれた自然派シャンプー

自然派シャンプー『花しゃん』

ブログランキング参加中

検索フォーム

QRコード

QR
FXスワップポイント