スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30代から若い女性まで薄毛や抜け毛の悩みが!サイトトップ >自毛植毛のデメリット >>自毛植毛のデメリットについて考えてみましょう。

自毛植毛のデメリットについて考えてみましょう。

自毛植毛のデメリットについて考えてみましょう。

近は確かに、自毛植毛の技術向上とともにデメリットは
少なくなってきてはいますが、まったく無いわけではありません。


移植量の限界という部部では、人工毛は合成繊維なので、いくらでも量産できますが、
自毛植毛のように自分の毛髪を移植する場合はもちろん有限となります。
無限ではないのです。


そのため、あまり欲張って移植していると、あとからあちこち薄毛が発生した場合、
それらに対処できなくなるデメリットがあります。


また、植毛の密度が高いと頭皮への定着率が著しく低下するため、
1回の手術につき、増やせる毛髪の密度にも限度があります。





また、頭皮に傷痕が残るデメリットも存在します。自毛植毛の場合、
移植は主に後頭部から行われます。


これは、後頭部の毛髪が、他の部位に比べて比較的脱毛に強いためです。
植毛の際は、この後頭部から皮膚とともに移植されるわけですが、
移植片採取には少なからず傷痕が残ります。


ただし、傷痕に関しては、移植の回数が少なければほとんど目立たないというレベルです。
この辺をよく考えて自毛植毛のメリット、デメリットを判断しましょう。










theme : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
genre : 心と身体

話題の商品案内!

頭皮環境に悩む女性の声から生まれた自然派シャンプー

自然派シャンプー『花しゃん』

ブログランキング参加中

検索フォーム

QRコード

QR
FXスワップポイント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。