スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30代から若い女性まで薄毛や抜け毛の悩みが!サイトトップ >髪の毛の構造 >>髪の毛の構造はどうなっているのでしょうか?

髪の毛の構造はどうなっているのでしょうか?

髪の毛の構造はどうなっているのでしょうか?

薄毛で悩み前に、髪の毛の構造を考えてみましょう。
皮膚の表面が角質層、表皮、真皮という三層からできているのと
同じように、「0.何ミリ」という髪の毛も、


外側から毛表皮、毛皮質、毛髄質という三層からなる細胞によって
構成されています。ちなみに、むずかしい「毛髄質」とは、
(もうずいしつ)と呼び、毛髪の中心部にある抗生物質のひとつです。


1番外側にある毛表皮は、細胞同士が魚のウロコのように
重なりあっています。これがよく耳にした事のある「キューティクル」です。




2番目の層はの毛表皮は、多量のメラニン色素を含む細い繊維質の細胞で
構成されています。


メラニンは白い肌にとっては、シミ・ソバカスのもとになると
嫌われていますが、本来は皮膚を保護するためにはなくてはならない
細胞です。


最も中にある毛髄質は、多少のメラニン色素の粒子を含んだ
細胞の集合体で、1~2列に並んだ立方体の細胞が、蜂の巣のように
並んでいます。


その内部には無数の空気穴があり、空気をたっぷりと含んだ
この穴が断熱材となって、頭部を直射日光から守る役目をしています。






theme : 健康
genre : 心と身体

話題の商品案内!

頭皮環境に悩む女性の声から生まれた自然派シャンプー

自然派シャンプー『花しゃん』

ブログランキング参加中

検索フォーム

QRコード

QR
FXスワップポイント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。