スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30代から若い女性まで薄毛や抜け毛の悩みが!サイトトップ >自毛植毛の手術法 >>自毛植毛の手術法は「遊離植毛術」?

自毛植毛の手術法は「遊離植毛術」?

自毛植毛の手術法は「遊離植毛術」?

形成外科では、たとえば深い火傷を負った皮膚を切り取って、別のところから
皮膚を移植する「植皮」という治療を行います。


植毛も同じことで、もともと毛髪が生えているところから、毛髪を毛包ごと
切り取って脱毛部へと植える、というのが基本的なやり方です。


植毛にはいくつかの方法がありますが、現在、男性型脱毛症に対する自毛植毛では
一般的に「遊離植毛術」という方法がとられます。


これは、テストステロンの影響を受けにくい後頭部や側頭部から摂取した頭皮を
毛包単位に細かく株分けして、1株ずつ脱毛部へ移植する方法です。




それ以外の手術法として、「皮弁法」や「ティシュエキスパンダー法」という
方法もあります。皮弁法は現在ではあまり行われませんが、ティシュエキスパンダー法は
現在でも瘢痕(はんこん)性脱毛症などに多用される方法です。


ちなみに「皮弁法」とは、栄養血管の通った根元の部分を残して切り離した皮弁を
回転させ、脱毛部に移植する。おもに側頭部から前頭部へ移植させる。毛流に沿った
自然な生え際をつくるのが難しい方法です。


「ティシュエキスパンダー法」とは、脱毛部切り取って縫合する「縫縮法」の一種。
毛のある頭皮の下にシリコンのバッグを挿入し、これに生理食塩水を注入して徐々にふくらませ、
伸ばしてゆとりのできた頭皮で脱毛部分を覆う方法です。









theme : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
genre : 心と身体

FXスワップポイント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。