スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工毛と自毛の違いは?

人工毛と自毛の違いは?

頭皮に毛を植える「植毛」の材料には、人工毛と自毛の2種類がありますが、
その違いは何なのでしょうか?


「頭皮に穴をあけて毛を植える」という点では、同じでも、人工毛植毛自毛植毛は大きく異なります。


人工毛植毛は日本で開発され、植毛といえば一般的にこの植毛のことと考えられるほど、
大々的に宣伝させてきました。


しかし、人工毛には問題があり、人工毛は異物であるため、体の中で異物(拒絶)反応が起こって
外へ出そうとするので、抜けてしまったり、毛根にあたる部分が皮脂に残って炎症を起こしたりと
トラブルが多く、アメリカの多くの州では禁止されてしまいました。




いっぽう、外科的な手術に抵抗のある日本人には、まだまだ認知度の低い自毛植毛ですが、
植毛先進国のアメリカでは、飛躍的に患者数が伸びている手術です。


人工毛と違って、自分の髪の毛のもととなる部分を植えるので、いったん生着すると、
「抜けても生えてくる」というのが、ほかの方法にはないメリットです。


「自毛植毛」・・後頭部ドナーから頭皮のブロックを採取、これを小さく株分けします。
        植毛部のスリット(切れ目)またはホール(穴)をあけます。
        移植株(グラフト)を植え込みます。


「人工毛植毛」・・人工毛を装着した針を移植予定部位頭皮に挿入。
         針を抜いて完了となります。









theme : 美容とくとく情報
genre : 心と身体

話題の商品案内!

頭皮環境に悩む女性の声から生まれた自然派シャンプー

自然派シャンプー『花しゃん』

ブログランキング参加中

検索フォーム

QRコード

QR
FXスワップポイント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。