スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30代から若い女性まで薄毛や抜け毛の悩みが!サイトトップ >男性型脱毛症(AGA) >>男性型脱毛症(AGA)とは、男性ホルモンとテストステロンが原因?

男性型脱毛症(AGA)とは、男性ホルモンとテストステロンが原因?

男性型脱毛症(AGA)とは、男性ホルモンとテストステロンが原因?

男性型脱毛症は、AGAとも呼ばれ、「男性ホルモン」が影響しています!
成人男性は発症する脱毛のほとんどがこのAGAといわれています。


額の生え際や頭頂部の髪の毛が抜けて生えてこなくなったり、うぶ毛になっていくことで
地肌が見えるようになり、これが進行していくのが典型的な症状です。


しかし、耳の上から後頭部にかけての髪の毛は残っていることがよくあります。
これは、「標的によって作用が変わる」というホルモンの性質から起こる現象です。




実は男性ホルモン(テストステロン)には、体毛やひげなどに代表されるように
「毛を生やす」という作用があるのですが、前頭部と頭頂部の毛乳頭に多くある特殊な
酵素と結びつくと、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛を促進する物質が作られます。


しかし、後頭部と側東部の毛乳頭には、このDHTと反応するレセプター(受容体)がほとんど
存在しないため、脱毛も起こりにくいのです。


抜け毛対策としてDHCからこんなものも出ています。
>>>【DHC直販】薄毛・抜け毛に効果のある有効成分を9種類...








theme : ハゲ対策・育毛・発毛・増毛
genre : 心と身体

FXスワップポイント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。