スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30代から若い女性まで薄毛や抜け毛の悩みが!サイトトップ >ストレス >>ドライヤーとヘアカラーで薄毛に?

ドライヤーとヘアカラーで薄毛に?

ドライヤーとヘアカラーで薄毛に?

ドライヤーについてですが、使い方によっては髪の毛にダメージを与えてしまい薄毛になってしまう場合もなきにしもあらずです。

洗髪後のケアの時には、ドライヤーはあまり毛髪に近づけ過ぎず、温風を手の甲に1度当てるようなイメージで、

頭部全体にその熱を散らしながら、手早く乾かしていくのがよいでしょう。

長時間のドライヤーは毛髪の水分量を奪い、育毛や発毛を期待する毛髪としては良いコンディションとは言えなくなります。

またドライヤーの理想の温度は60度です。これだと毛髪に多少近づけても髪が火傷してしまうこともないでしょう。

また女性は使用しがちな「クルクルドラーヤー」は温風をじかに頭皮に当てるものなので、なるべく使わないようにしましょう。




しかしヘアセットをする際にどうしても使いたい場合は、事前に髪をミストや濡れタオルなどで濡らし、水分量がなくならないように調節しながら、短時間で済ませるようにして下さい。

また、ヘアカラーですが、ヘアカラーの薬が頭皮にダメージを与えてしまい、薄毛の原因になってしまう事があります。

一番の解決法はヘアカラーをしない事です。しかし、女性ですからオシャレを楽しむのにどうしてもしたい方も多いと思います。

その場合は必ずヘアサロンでプロの美容師さんにやってもらってください。自分でやるとどうしても頭皮にカラーリング剤が多く付着してしまいます。

プロの美容師なら髪の状態を相談しながら自分にあったカラーリング剤の種類を決め、上手に染められるので安心です。ちなみにブリーチはもっとも頭皮への影響が強いので、使用は控えたほうがいいでしょう。







theme : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
genre : 心と身体

FXスワップポイント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。