スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30代から若い女性まで薄毛や抜け毛の悩みが!サイトトップ >自律神経とホルモン >>若い女性の薄毛に関わっている、自律神経とホルモン?

若い女性の薄毛に関わっている、自律神経とホルモン?

若い女性の薄毛に関わっている、自律神経とホルモン?

男女を問わず、現代人はストレスは重要な問題になっています。
とりわけ、若い女性の薄毛や抜け毛が多くなってきていることを
考えてもストレスが引き金になっている事は考えられます。


現在若い女性に多い病気としては、「過呼吸症候群」や「ドライアイ」や
「過敏性腸症候群」「神経性胃炎」などなど・・、といったあきらかにストレスが
原因と思われる内臓の病気も増えています。


こうしたストレスは、自律神経とホルモンが大きく関わって
いるといわれています。


自律神経とホルモンのバランスは、当然、髪にも薄毛や抜け毛として
多大な影響を与えています。





ストレスによって、自律神経が反応して頭皮の血管が収縮ぎみに
なったりすると、毛根に運ばれるはずの血液の量が減って、そこには
栄養が届かなくなり、結果として貧弱な髪の毛=「薄毛や抜け毛」しか
生えてこなくなるのです。


また、脳下垂体ホルモンに異常が生じた場合、成長ホルモン影響を
与えるために、陰毛や腋毛が薄くなってきたり、


甲状腺ホルモンの機能が低下すると、髪の毛は柔らかく、
やせ細ってうぶ毛のようになってしまうのです。


こんな状態が続けば、薄毛や抜け毛になってしまうのは
当然の事といえるでしょう。






theme : メンタルヘルス
genre : 心と身体

話題の商品案内!

頭皮環境に悩む女性の声から生まれた自然派シャンプー

自然派シャンプー『花しゃん』

ブログランキング参加中

検索フォーム

QRコード

QR
FXスワップポイント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。