スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30代から若い女性まで薄毛や抜け毛の悩みが!サイトトップ >女性の抜け毛の原因 >>薄毛とカラーリングの影響は?

薄毛とカラーリングの影響は?

薄毛とカラーリングの影響は?

髪の毛の色を変える方法は、いろいろな方法がありますが、手軽なのは髪の表面に染料を吹き付けるカラースプレーで、


これは、シャンプーによって簡単に落ちます。カラーリンスは少しずつ色がついていくもので、


ヘアマニュキュアは髪の表面を色のついた被膜剤で覆うものです。これらは、比較的痛みの少ない方法だといえます。


ヘアダイやブリーチは、酸化剤によって染毛剤を髪の内部に浸透させるので、頭皮にも浸透し、髪の毛にダメージを与えるおそれがあります。


薄毛の原因になる恐れがあるので注意した方がいいです。また染め直す場合には、最低一カ月は間隔を空けた方がいいでしょう。




最近、パーマやカラーリングが自宅で手軽に出来るようになり、お店でもヘアカラーなど、よく見かけるようになりました。


ただし、薬剤が頭皮につくと、炎症などを起こす可能性もあるので、市販の薬剤を買って自分で行う場合は、必ずパッチテストをするようにしましょう。







theme : 健康で元気に暮らすために
genre : 心と身体

話題の商品案内!

頭皮環境に悩む女性の声から生まれた自然派シャンプー

自然派シャンプー『花しゃん』

ブログランキング参加中

検索フォーム

QRコード

QR
FXスワップポイント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。